ネオテクト 量

薬用ネオテクトのデオドラント効果を高めるためには最低限必要な量があります。

 

効果を出すために必要な量のネオテクトを塗らなければ、効果は出にくくなるかもしれません。

 

ネオテクトは効果があらわれるのに個人差のある商品です。人によっては少ない量でも効果があるかもしれません。

 

しかし、メーカーが定めている使用量よりも少ないと、やっぱり効果が表れる可能性は下がるはずです。

 

とはいえ、ネオテクトはドラッグストアで販売している市販のデオドラント商品よりも高いののも事実です。

 

ネオテクトの定価を見てみると少しでも1本を長く使いたいですよね。

 

では、効果を出すために最低限必要な量はどれくらいなのでしょうか。

 

やっぱり効果がだせて、一番少ない量はメーカーが推奨している量でしょう。

 

ネオテクトの製造販売元のヴィジョンステイトによると、ネオテクト使用時のクリームの量に決まった量はありません。

 

1回につき何グラムだとか、チューブから何センチというのではないんです。

 

ニオイの気になる箇所よりもはみ出るくらいの範囲に広めに塗る

 

この条件を満たす量が、一度に使う量です。

 

悩みを解消したいのなら、この量を守ることは重要です。

 

人によって広さ大きさが変わるので数値化できないんですね。

 

にカバーする広さを塗れる量以上が、ネオテクトの効果が表れやすい量なんです。

 

でも、一度に使う量が多すぎたらどうでしょう?

 

使用量が多いからと言って飛躍的に効果が表れるわけではありません。

 

逆に量が多すぎると、コスパが下がります。

 

ネオテクトは7980円するクリームですから、使いすぎるとお財布にやさしくないですよ。

 

また、ネオテクトのようなクリームは必要以上に使いすぎるとべたべたするかもしれません。

 

ネオテクトの口コミを見るとべたつきがないことをほめている口コミが多いです。
実際ネオテクとはべたつきにくいです。

 

でも、やっぱり、限度を越えた使い方をすれば、やっぱり肌触りが悪くなるかもしれません。

 

またメントールが配合されているので、大量に使いすぎるとスースーしすぎるかもしれません。

 

メントールが合わない人は塗りすぎてはいけません。

 

ネオテクトの効果がなかった人の口コミを読むと、使う量をケチっていたということもあります。

 

ケチった人についてはこっちを読んでください

 

ネオテクト 効かない

 

なので、悩みを解消したいのなら、メーカーの進める量よりも減らして使うのは間違っているのでやめましょう。

関連ページ

ネオテクトの使い方 効果を出すために大切な2つのこと
ネオテクトはニオイに悩む方への救世主のようなデオドラントクリームです。しかしどんなに優れていても使い方を間違っていると役に立ちません。ネオテクトの効果を引き出せる使い方の2つのポイントをピックアップしました。